akari (103)

総合評価 : ★★★★★
変態痴女に乳首を支配されてしまう快感


リンク
メーカーの説明
ある日の夜、職場のトイレでおしっこをしてる時だった…。窓から見知らぬ女がひょっこり顔を出したかと思えば、無防備な僕に襲い掛かってきた。「この女は何者なんだ?!」と動揺しているのを尻目に乳首を突然触ってくる。「興奮してるのぉ?乳首ビンビンだよ」と、こちらの心を見透かしたかのように僕を便座に座らせると、やらしい指使いと舌使いで勃起乳首を弄び、「私も気持ちよくしてよぉ」と綺麗な乳首を露出させ、た~っぷりイジらせた後、相互乳首弄りでお互いに快感を味わう。そして、ぐしょ濡れマ●コでオナニーをおっぱじめ「オナニー見ながらチクニーして」と変則相互オナニーを提案。乳首のようにビンビンになった僕の股間をモノ欲しそうに見つめ、乳首との三点責めで限界突破したチ●ポを淫口で咥え込み。涎たっぷりフェラでヌッルヌルにすると、「ナマチ●ポ欲しくなっちゃったぁ」と跨って生姦挿入。腰をグラインドさせながら、「ドキドキする事しよっか?」とトイレのドアをオープンさせ、焦る僕をしたり顔で眺めながら何度も昇天。そのまま乳首を弄りながら精子を搾り抜くと「またアソボ」と笑みを浮かべて去っていく…。あの女が何者なのかはいまだにわからない…。

「見ーちゃった」

会社のトイレで小便していると、目の前の窓から女の子が突然顔を出してそう言います。

実際にあったら全身の鳥肌が立ちまくるレベルの恐怖です。「私怪しいものじゃないよ」とか言ってますが……。

そのまま窓をよじ登ってトイレ内に侵入してきます。

かなり無理やりな展開ですが、それはともかく朱里ちゃん、可愛いですね。笑うと目立つ八重歯がチャームポイントでしょうか。

akari (101)

突然現れた痴女は男の乳首が弱いことをすぐに見抜いてしまいました。シャツの上から乳首を触って「いっぱい私に触らせて」

シャツのボタンを外し、布地でこするようにして乳首を刺激したり、息を吹きかけたり。こういう焦らし技は本当にいいですよね。いきなり触ってしまうと展開が間延びしてしまいますし。

「すごい、さっきより膨らんできてるよ」

こういう、乳首の状態を実況するような台詞はいやらしくて好きです。

そろそろ触ってくれるのかと思いきや、「まだ直接は触ってあげない」と言って、はだけたシャツを一旦戻して、再び布の上からの刺激。

「ねえ、乳首ビンビンになりすぎて、シャツの上から乳首がひょっこりしてるよ」

シャツの上から舐めるという珍しいプレイも。

akari (102)

開始21分で初めて直接触ってくれます。指で摩ったり、つまんで捻ったり、いたずらっぽい笑みを浮かべながら、いろいろなパターンで刺激してくれます。

そして個人的に痺れたのがこのシーン。

「声がまんして、がまんがまん!」などと言いながら指を器用に動かして乳首を気持ち良くしまくってくるんです。

これは正直、我慢できるわけないです。声出ます。

このとき男優のおなかがピクピク動いているのも、なんとも気持ちよさそう。こちらもシンクロして余計興奮してきます。

akari (103)

akari (104)

開始28分でやっと舐めてくれます。

舌先でペロペロしたり、唇を密着させて空気を取り込みながら舐めます。もちろんもう片方は指で触ってくれます。

ここでの舐めはすぐに終わってしまって残念でした。

akari (105)

「もっといろんなことしたい」と言って服を脱いだ朱里ちゃん。

ここからしばらくはこちらが奉仕する時間帯です。

akari (106)

朱里ちゃんのオナニーを見ながら自分で乳首を触らせられるという謎の展開。

本当に変態の女の子だったらこういうこと言いそうだなと思ったりします。

akari (107)

「こういうのヤバいんじゃない?」と言って乳首舐め手コキ。はい、ヤバいです。

さらに、右手でチンコ、左手で左乳首、口で右乳首、という3点責めも見せてくれます。

体勢的にちょっときつそうですが、これ実際にやってもらうとめちゃくちゃ気持ちいいんですよね。VRでこれをやってもらえるのは珍しいです。

akari (108)

akari (109)

「ヤバい?固いところ全部、先っぽ責められるの」

首を豪快に振るフェラに、乳首をつまむような指の動き。3点ともよく動いていて、これ絶対気持ちいやつですね。

akari (110)

「ねえ、君のこの固いチンコ、私のおまんこに欲しいなぁ」

と言ってチンチン挿入。対面座位で乳首を触りながら腰を振ってくれます。

吐息を漏らす朱里ちゃんの顔が目の前の少し見上げたところにあり、密着感が味わえます。

akari (112)

お尻のアングルもいいですね。

ここで朱里ちゃん、腰を動かしながらトイレのドアを開けるという暴挙に出ます。(ドアを開けるのはフェラ中などにもやってますが)

腰を動かすのに夢中になりすぎて、ドアがどんどん開いてしまってあわてて閉めるところがリアルです。

乳首は一応触ってくれているという程度で、ただ快感のために腰を動かす女がそこいるという感じです。

akari (111)

最後はもう一度前を向いて乳首を触り合いっこしながらの対面座位。

フィニッシュは中出し。

「乳首のおかげでこんなすごい精子出たのかな」


まとめ
本物の変態痴女に手玉に取られている感じがたまらないVR作品。朱里ちゃんの演技もノリノリで素晴らしい。純粋に乳首責めが大好きな痴女という雰囲気がよく出ていました。

シャツの布地で擦ったり、布越しに乳首を舐めたりと、焦らしの方法にも工夫が見られ、時間的なバランスもよかったです。

また、声を出すのを我慢させられたりする演出もM男にはたまらないと思います。

映像的には、男の乳首までの距離感はやや遠めで、いじられているところがじっくり見えるタイプの作品ではないです。どちらかというと言葉責め含めた女の子の責め方を楽しむ作品です。

シンプルな乳首舐めの時間が少ない点が最大の不満で、★4にしようか迷ったのですが、全体の満足感を評価して★5としました。

男優の基本姿勢・動き 座位
キス あり
挿入 あり
フィニッシュ 中出し
乳首責めバリエーション 指責め・舌舐め・左右同時責め・シャツの上から指責め・舌舐め
乳首責め満足度 ★★★★★

>>このVR動画を体験する

VR基礎知識
はじめに~アダルトVRってなに?~
アダルトVRを体験するまでの手順は?